タダモモの子育てお悩み相談室

子ども嫌いだったのになぜだか母親になりました。2015年生まれの娘の育児についてつづってます。

6か月、1歳、2歳、いつ始める?ベビースイミングの開始時期とメリットデメリット。

初めてのベビースイミングは生後6か月

f:id:tadamomo:20170530150312j:plain

 

出産前から通っていたスポーツクラブでベビースイミングのクラスがありました。

私が水泳を好きなこともあり、参加可能な生後6か月になったら

始めようと思っていました。

そして、生後6か月その日に体験。

生後6か月といえばまだまだ赤ちゃんですから、

冷たい水に入れるのは正直不安がありました。

けれども、水着をきた愛らしい姿がかわいくてかわいくて。

早く泳がせてみたかったです(*´∀`*)

 

当日の流れは以下の通り

  1. ロッカーで着替え
  2. 検温、体調チェック
  3. みんなで体操
  4. シャワー後、入水
  5. レッスン
  6. 終わりの体操
  7. 自由時間
  8. 順次シャワー、着替え

 

ぎゃん泣きを予想していましたが、意外や意外、不思議そうにはしていましたが

すんなり入水。

音楽に合わせてぐるぐる回されて顔に水がかかっても全く平気!

「お母さんの羊水を思い出してリラックスできる」って本当なんだ!

と感激しました。

ただ、この頃はほかの習い事にほぼ毎日行っていたので、

入会は見送ることに。

 

本格的に始めた1歳0か月

ものすごい勢いでハイハイを始めたので、今まで通い詰めた赤ちゃんと一緒のエアロビクスやヨガに通えなくなりました。

どこでもハイハイするから外には連れて行きずらい、かといって室内ではもてあます。

そんな時思い出したのがベビースイミング

なぜかもう一度体験をさせてもらえたので、試しに行ってみました。

 

今回も一度も泣かず。

緊張はしていたけれど、慣れてくるとリラックス。

帰りはものの数分で寝落ち!!!

寝つきのものすごーーーく悪い我が娘なので、これには感激しました(TwT。)

その日の晩もぐっすり!!!

私の安眠のためにも入会を決めたのでした。

 

楽しんで通う2歳

それから1年。

娘は今も楽しそうにスイミングに通っています。

自分から

「今日はスイミング行く?」と聞いて、水着を用意するくらい。

最近はプールに入ることよりおもちゃで遊ぶことに熱心ですが、

本人がのびのび遊ぶことが一番なので、邪魔にならないように遊ばせています。

 

月齢別メリットデメリット

生後半年のベビースイミングメリット・デメリット

メリット
  • ママ友ができる
  • 息抜きができる
  • 疲れてよく寝てくれる
デメリット
  • 授乳がめんどくさい
  • 移動がずっと抱っこで大変←プールまで階段のところが多い
  • 赤ちゃんが立てないので床に置くのに抵抗がある←マットがあるとは思いますが
  • う〇ちが心配←まだやわらかいですからね
  • 親が疲れる←子どもと一緒に爆睡できますw
  • 冬場は寒くて億劫になる

1歳のベビースイミングメリット・デメリット

メリット
  • 暑い日、寒い日天候を気にせず運動を思う存分させてあげられる
  • 子どもにお友達ができる
  • 子どもが水(お風呂)を怖がらない
  • ママ友ができる
  • 息抜きができる
  • 疲れてよく寝てくれる
デメリット
  • 冬場は寒くて億劫になる

2歳のベビースイミング メリット・デメリット

メリット
  • 本人の意思「楽しい!」「行きたい!」
  • お風呂が好きになる←スイミングで習ったブクブク等披露してくれますw
  • 暑い日、寒い日天候を気にせず運動を思う存分させてあげられる
  • 子どもにお友達ができる
  • 子どもが水(お風呂)を怖がらない
  • ママ友ができる
  • 息抜きができる
  • 疲れてよく寝てくれる←しかしお昼寝で回復してしまうように…
デメリット
  • 冬場は寒くて億劫になる

こうやって並べてみると、メリットは月齢を重ねるにつれて

増えていっています。

反して、デメリットは減っていますね。

子どもと一緒にエクササイズできるスイミング自体、

私にはとても合っていたようです。

 もし、第二子でスイミングを始めるなら、ずばり1歳で始めます!

私の場合、0歳だとメリットがデメリットを上回り、それが1歳で逆転しています。

0歳では歩けないし意思表示もおぼつかないので、連れていく親が大変です!

病気をもらうのも心配。

ですから子どもも親も楽しめる1歳代をお勧めします!

今後、ベビースイミングを検討中の方に参考になればうれしいです(#^^#)

 

お読みいただきまして、ありがとうございました!