タダモモの子育てお悩み相談室

子ども嫌いだったのになぜだか母親になりました。2015年生まれの娘の育児についてつづってます。

<おすすめ絵本>2歳4か月お化けの存在を知る

おばけ、ネス湖へいく ジャックデュケノワ ←娘セレクト

 食いつき度◎

4人のおばけがネス湖の怪獣を見に旅にでるお話。

<おばけ>の存在を知る。暗闇に現れることが多い。「おばけちゃん友達」という割には怖いらしいですw

布団を頭からかぶっておばけちゃんごっこがブームに。

ひとまねこざる H.A.レイ

食いつき度◎

1つの文章やストーリーが2歳児には長く最初は最後までよめませんでしたが、ジョージを知るにつれてだんだんと興味がわいてきたようで、5.6回目で最後まで通しで読めるように。

動物園から始まるストーリーが興味をそそった様子。

 

ジョージとあそぼう うさぎとかくれんぼ H.A.レイ

食いつき度◎

しりたがりやのジョージがウサギの赤ちゃんと遊ぼうとして逃がしてしまう話。

おさるのジョージシリーズのなかでも赤ちゃん向けの絵本。

シンプルなストーリーと単純な文章の構成で2歳にも十分に理解できます。

うんちだよ まつおかたつひで

うんちだよ (はじめてのぼうけん)

食いつき度◎

トイレトレーニングに一役買った1冊。

最初はダンゴムシがリアルすぎて本を開くことすら私は嫌だったのですが、何度も読み返すうちに絵本の女の子のようにトイレでうんちをすることを誇らしく思うようになっていました。

 

うんちの時、トイレへ行くことを拒んでいたのでこの本を開き、「お姉ちゃんも走っていくよ!いそげ!!」と声をかけて誘いました。

 

ダンゴムシがほとんどのページに出てくるので、道端でダンゴムシを見つけると喜ぶように笑

 

ぐりとぐらの1・2・3 なかがわえりこ

食いつき度○

いろんなものが1~10まで絵で描いてあるのですが、細かすぎてよくわからないみたいでした。

また、ぐりとぐらが最終ページにしか出てこないのも興味をそそらなかった原因かと思います。

 こぐまのたろ きたむらえり

食いつき度◎

こぐまのたろとうさぎのなーちゃんがキイチゴを取りに行く話。

すごーくシュールな絵なのに娘にはヒットした模様。

たんたんのぼうし いわむらかずお

食いつき度○

たんたんが自慢の帽子を紹介していくお話です。

その帽子がいかに素敵か分かりやすいイラストを通して読者に話しかけているようです。

とてもわかりやすく起承転結も明快。

「次はどうなるのかな?」とドキドキする内容で、母的には今回NO.1の絵本です

時々ジョージと呼ばれるたんたん。今はおさるさんはみんなジョージなのかな?

こぶたはなこさんのみずあそび くどうなおこ

食いつき度◎

 こぶたはなこさんとこりすすみえさんが水遊びにお出かけする話です。

とてもかわいらしいイラストが魅力的。

1ページにたくさんイラストがあるのは素敵なのですが、文章がそのイラスト一つ一つに対応しているわけではないので、よみきかせしにくいです。

 

また、『こぶたはなこさんのおべんとう』に通じることですが、お弁当の内容が欧米化されすぎてて、できればおにぎりなんかも登場してほしいなと。

こぶたはなこさんのおべんとう くどうなおこ

食いつき度◎

良いお天気だからお弁当を作っておでかけしようと、とても充実した毎日を送っているこぶたはなこさん。

こりすすみえさんとおでかけです。

 

老婆心ですが、もっと栄養のあるバランスの良いお弁当を食べてください。

食育のためにも…

 恐竜をほりだす アリキブランデンバーグ ←娘セレクト

食いつき度◎◎

 恐竜の骨が発掘され博物館に展示するまでのお話です。

明らかに2歳児には難解な内容なのですが、恐竜の名前を次々覚え、まさかの恐竜ブーム到来!

恐竜の展示に関する裏話より、恐竜そのものに興味を持っているようです。

恐竜展、行ってこようと思ってます!

yokohamakyoryu.jp

追記:ヨコハマ恐竜展行ってきました!!!

tadamomo.hatenablog.com